レーベル:第一放送DVD


女優:豊川むつみ
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
兄が結婚すると連れてきたむつみさんは穏やかで優しそうな女性だった。僕は彼女に一目惚れした。あれから十数年、僕は兄嫁むつみさんに密かな思いを抱きつつ今まで過ごしてきた。そんな僕に転機が訪れたのは数ヶ月前。仕事の都合で兄家に居候することになった。既に兄家の子供たちは巣立っており、兄夫妻は快く僕を迎え入れてくれた。夜勤終わり家に着くとむつみさんの悩ましげな息遣い。そう、彼女は一人寂しく慰めていた。むつみさんの恥ずかしい姿を見てしまった僕は焦ってしまい、ごめんなさいと言い逃げるように自室へ向かった。その後むつみさんは恥ずかしそうに僕の部屋に来た。あの...と口を開こうとしたむつみさんを遮るように僕は今までの思いをぶつけるようにずっと前から好きでしたと告白した。見つめ合い、長い沈黙の後、むつみさんは僕の手を握り、頷いた。僕たちは当たり前のように抱き合い、キスをし、カラダを重ねた…。
女優:一ノ瀬あやめ
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
男顔負けヤリ手な女上司一ノ瀬さん。仕事に厳しく、僕はいつも怒られてばっかり。周りの同僚はそんな僕に憐れみの眼差しを送ってくる。でもたまに見せる笑顔が素敵で、僕は一ノ瀬さんが大好きだった。今日もプレゼンに失敗してしまい一ノ瀬さんから叱責され、ひとり残業していた。仕事が行き詰まり、息抜きを兼ねてこっそりと撮った写メを眺めているうちに寝てしまっていた。そして改めて再プレゼン。取引先との取引も上手く行き、一ノ瀬さんと僕は打ち上げに。お酒が進み、一ノ瀬さんは自宅で飲みなおそうと僕を招待してくれた。酔った彼女が少し潤んだ瞳で僕を見つめる。僕は堪らず彼女をベットに押し倒した。酔った勢いとはいえ怒られるかもと思ったが、彼女は静かに瞳を閉じた。僕は今までの思いをぶつけるように彼女を抱いた。指で、舌で、カラダの全てを使い彼女を感じ、彼女も全て受け止めてくれた。夢のような時間を味わいながら僕は眠った。次の日、僕は頬に感じる暖かさで目を覚ました。寝ぼけ眼の僕に一ノ瀬さんはおはようと微笑み、優しくキスをしてくれた...。

女優:徳島理子
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
理子はプログラマーの夫と仲良く生活していたが、肝心の夜の方がめっきり減ってしまい欲求不満気味。火照る体を冷ますことも出来ず悶々としていた。ある日、夫の兄が泊まりに来ることになったが、理子はこの義兄があまり好きではなかった。少し不機嫌な理子をよそに、久しぶりの兄弟は話が弾む。理子も話に付き合っていたがふと視線を落とすと義兄の股間が妙に膨らんでいる。まさかと思いつつ何度も見返し、気づけば義兄の股間を凝視してしまっていた。理子は自宅でマッサージサロンを営んでおり、夫は義兄に理子のマッサージを受ける様に進めた。義兄を寝かせマッサージを始める理子だったが、どうにもこうにも義兄のアレが気になって仕方がない。仰向けで寝かせ足を念入りにマッサージするが、油断すると股間へ手が伸びそうな理子。触らせて欲しいと口から出そうになった時、夫が義兄を呼びに、二人はいそいそと出かけてしまった。理子はその場でへたり込んでしまい、義兄のあそこを思い出しながら淫らな妄想に耽ってしまう…。
女優:八木あずさ
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
厳しくも優しく指導してくれる上司八木さん、僕は憧れとほのかな恋心を抱いていた。ある日僕が体調不良で休んでしまった時、八木さんが心配してお見舞いに来てくれて…あづさは部下についた彼を厳しく指導している。真面目で間違いも素直に認め頑張る彼を一人前に育てる為。だが、たまに見せる表情や、つい目に入ってしまうあずさの胸を見てしまって戸惑う姿を見ていると愛おしく感じてしまっていた。ある日、彼が体調不良で休んだ。あずさは仕事が手につかず、思い切って彼の部屋へとお見舞いに出かけた。辛そうに寝ている彼を介抱していると、彼はあずさの手を握りありがとうございますと言った。彼に言葉にの胸は高まり、今にも押し倒してしまいたい衝動に駆られ、自身の痴部が疼くのを感じた。あずさはそっと部屋を出ると、スカートをたくし上げた。恥ずかしい程濡れている下着に指を這わせると、彼との行為を妄想してしまった…。

女優:美里詩織
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
夫はガリ勉タイプの真面目な人。義兄はというと、粗暴で汗臭く詩織はどうも好きになれなかった。しかし、田舎から義兄が泊まりに来ると聞き、嫌とは言えず気持ちが沈んでいた。久しぶりに夫に行為を持ちかけたが、疲れていると言われ、フラストレーションが溜まっていた。義兄がやってきた日、相変わらず田舎臭さに嫌気がさしたが作り笑顔であしらい、すぐに風呂を勧めた。風呂上がりみんなで談笑中、詩織は義兄のある一部の違和感に気がついた。ソレはもっこりとしてはっきりと大きいイチモツ。最近欲求不満だった詩織は義兄のそれを見たとき込み上げてくる熱いものがあった。詩織は妄想してしまった。義兄のアレが詩織の口を押し広げ、息苦しさの中硬くなってゆく様を。義兄に跪き、丁寧に舐め上げ挿入を欲しがる自分。気がつくと自らの指で秘部を弄り絶頂に達してしまっていた…。
女優:小野さち子
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
厳しくも優しく僕を指導してくれる上司の小野さち子さん。僕は小野さんに恋していた。ある日、小野さんと二人で出張。仕事も無事終わり帰ろうとしたが電車が止まってしまい仕方なく、宿を探した。やっと見つけた旅館は一部屋しか空いておらず、僕たちは同室に泊まることになってしまった。宿が用意してくれた食事をし、お酒を頂き、少し酔った小野さんに僕は我慢が出来なくなり抱きついてしまった。が、ダメと言われ僕は小野さんから離れた。しばらくして、さっきはごめんねと僕に優しくキスをしてきた。私も本当は…もじもじしながら話す小野さんの左手の薬指には、いつもしている指輪が外されていた…。

女優:羽生ありさ
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
あまり好意を持てずにいた旦那の兄。都会育ちのありさは不満が有った。旦那の兄は人柄は良いのだけど田舎臭く汗臭い…話もてんで面白く無い…憂鬱な義兄の上京の始まりだと思っていた百合香。だったのだのだが…?
女優:澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
出来る女上司澤村さんは時に厳しく時に優しく僕を指導してくれている、僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで温泉街で営業回り。なかなか契約も取れず、終電の時間が近ずいてきた。しかし運悪く電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は澤村先輩と一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく澤村先輩に僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は澤村先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。

女優:武藤あやか
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
今月は恒例の残業の多い月…でもそんな僕の隣には憧れの武藤さんが…やっとこ仕事も片付いたが今日も当たり前に終電が無い…何故か話の流れで会社で飲む事に…酔って寝てしまう武藤さんにタマラズ触ってしまう僕…それから気まずい時間を過ごしてまた今日も残業…え?今日も会社で飲むんですか?
女優:葵百合香
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
あまり好意を持てずにいた旦那の兄。都会育ちの百合香は不満が有った。旦那の兄は人柄は良いのだけど田舎臭く汗臭い…話もてんで面白く無い…憂鬱な義兄の上京の始まりだと思っていた百合香。だったのだのだが…?

女優:鈴木さとみ
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
あまり好意を持てずにいた旦那の兄。都会育ちのさとみは不満が有った。旦那の兄は人柄は良いのだけど田舎臭く汗臭い…話もてんで面白く無い…憂鬱な義兄の上京の始まりだと思っていたさとみ。だったのだのだが…?
女優:横山みれい
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
ある日出張を前に風邪を引いて寝込んでしまった不甲斐ない僕…そんな劣悪な状況に家のチャイムが…高熱でフラフラになりながらドアを開けるとなんと憧れの女上司みれいさんが…!?僕の心配をしてお見舞いに来てくれたのだ…意識朦朧とする最中だがはっきり分かるのはみれいさんのシャツの上からでも強調された美乳。そしてはち切れんばかりの美尻と太もも…どうしよう…みれいさんが僕の目の前に迫って来る…こんな状況なのにアソコにも熱が…。

女優:二階堂ゆり
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
あまり好意を持てずにいた旦那の兄弟。都会育ちのゆりは不満が有った。旦那の兄と弟も人は良いのだけど田舎臭く話も面白く無い。憂鬱な義兄弟の上京の始まりだと思っていたゆり。だったのだのだが…?
女優:桐島美奈子
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
上司の桐島さんと地方出張へ。無事仕事を終え帰宅しようと駅へ向かうが、電車が動いておらず、止むを得ず宿泊施設を探すが何処も満室。やっと探し当てた旅館は一部屋しか空いておらず、僕たちは仕方なくその部屋に泊まることになった。急遽の宿泊だったが温かい食事にもありつけた。桐島さんは折角だから飲もうとお酒を勧めてくれた。お酒でほんのりピンク色になってゆく桐島さんに僕はドキッとした。少し酔ってしまった桐島さんは食事を終えると並んで敷いてある布団へ寝転んだ。はだけた浴衣から見える太ももに僕は目が釘付けになってしまった。僕はどうしても桐島さんが欲しくなり、ゆっくりと覆いかぶさった。唇を奪おうとしたが、彼女はダメと言い僕の唇を指で塞いだ。僕は恥ずかしさと気まずさで少し落ち込んだ。桐島さんは僕の隣に座ると、私でいいの?と言わんばかりに微笑んだ。僕は無言で頷くと、彼女の方から抱きつきキスをした。僕たちは一つになり、何度も何度も愛し合った…。

女優:福山美佳
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
あまり好意を持てずにいた旦那の実家。都会育ちの美佳は不満だらけ。旦那の兄と弟も人は良いのだけど田舎臭く話も面白く無い。憂鬱な里帰りの始まりだと思っていた美佳。だったのだが…ふと弟の異変に気付く美佳。なんと尋常じゃ無い程のもっこり。固まる美佳に更なる衝撃!兄の方も負けじと垂直もっこり!セックスレスの美佳にこの刺激は強過ぎ、ある日自ら声を掛けてしまう…。
女優:美原すみれ
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
出来る女上司美原すみれさんは時に厳しく時に優しく僕を指導してくれている、僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで温泉街で営業回り。なかなか契約も取れず、終電の時間が近ずいてきた。しかし運悪く電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は美原先輩と一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく美原先輩に僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は美原先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。

女優:伊織涼子
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
出来る女上司伊織涼子さんは時に厳しく時に優しく僕を指導してくれている、僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで温泉街で営業回り。なかなか契約も取れず、終電の時間が近ずいてきた。しかし運悪く電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊織先輩と一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく伊織先輩に僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は伊織先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。
女優:汐河佳奈
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
夜の生活に満足できていなかった佳奈。今日も夫に疲れていると拒否されてしまった。そんな折、夫の兄が数日泊まりに来るという。本音を言えば義兄は苦手なタイプなので、遠慮頂きたいが、できる妻と思われたい私は義兄を受け入れる事にした。当日、やはり男臭くムサい義兄だが、風呂お上がりの姿に目を奪われてしまう。そう、股間が、異様にデカイのだ。今まではなんとも思っていなかったが、股間の違和感に気付いた佳奈はどうにも義兄が気になってしまう。最近の欲求不満も相まって、淫らな妄想が膨らんでしまった。夫が外出し、義兄が寝ている状況に遭遇した佳奈は、実際に義兄の股間を見てみたいと思い、こっそりとパンツをずらした。つついたりしているうち、大きくなってゆく義兄のアレ。佳奈は自分の股間を押さえながら、至近距離で凝視していた。気がついたときには涎を垂らしながら一心に義兄のアレを咥えしゃぶっていた…。

女優:成宮いろは
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
僕は、上司の成宮さんと地方へ出張する事になりました。同僚にはそうでもないですが、成宮さんは僕にだけ凄く厳しくて、確かに僕がうっかりミスを繰り返すので仕方がないんですけど…なので、今回は怒られない様にしっかりせねばと思っていましたが、やっぱり成宮さんに怒られてしまいました。ただ、商談は上手くいき、大口の契約を取る事ができました。さて帰ろうとなったのですが、終電を逃し、仕方なく宿を探した結果、温泉宿の一部屋だけ確保できました。成宮さんは仕方が無いと言い、僕は成宮さんと同じ部屋に泊まる事になったんです。軽く飲みながら食事をしていると、酔ってきたのかいつもの厳しい表情が消え、僕はちょっとドキッとしてしまいました。当然の様に並べて敷いてある布団で先に横になっていた成宮さんを起こさぬ様静かに布団へ向かうと、成宮さんが僕の手を掴んできたんです。眼鏡を外し、上目遣いで、潤んだ眼差し、恥ずかしそうに僕に好きと言った唇、僕の為に厳しくしてくれていたと改めて気がついた。そして僕たちは無言で唇を重ねあった…。
女優:横山みれい
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
日々衰退してゆく旦那の性欲。それに反しやりたくて仕方がない妻みれい。旦那は好きだし、年に1回は最低でもしているし、でも満足するまでヤりたい、そう思っていた。今日も誘ってみたが、明日から義兄が来るから、義兄が帰ったらしようと断られた。納得はいかなかったが、仕方がないと我慢した。旦那の兄、義兄はガサツで汗臭く、みれいは若干嫌っていた。汗臭を振りまきながら来た事に嫌悪を露わにしたみれい。すぐさま風呂に入るように進めた。風呂上がりの義兄を見たみれいは少し機嫌が戻ったが、驚愕の事実を知ってしまう。今まで嫌悪の対象だったので気付いていなかったが、義兄のアレが旦那に比べてデカイのだ。昔のみれいならば見なかった事にしただろう。でも今のみれいはアレに餓えている。気にしないつもりでも、気づけば義兄のアレを見てしまう。次第にみれいはイヤラシイ妄想をしてしまい…。ハッと気がついたみれいは誤魔化すように席を立った。どうにも気になったみれいは、ある事を思いつく。若干無理矢理に旦那と義兄を風呂へ進めるみれい。風呂上がりの兄弟を尻目に急いで風呂場に向かい、隠していたスマフォを再生すると…荒々しく大きい義兄のアレが鮮明に映っていた…。

女優:日向万里子
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
仕事が出来て美人な女上司日向さん。だけど僕には当たりがキツく、今日もまた怒られてしまった。でも、時折見せる笑顔にちょっとだけドキッとしてしまう。いつものように二人で残業。なんとかひと段落ついた所で日向さんがお酒をご馳走してくれた。静かなオフィスで僕と日向さんとでお酒を飲む。気づいたら日向さんは寝てしまっていた。少しはだけたブラウスから、はみ出しそうな胸が見えた。つい勃起してしまったが、酔ってしまった僕も瞼が重くなってきて…。
女優:寺島志保
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
妻志保は夫とは仲がいいが営みに関しては満足できてなかった。会社の寮で働く夫、同じ会社で働く兄、住まいはマンションの7Fと8F。兄が真下の部屋に引っ越して来た…弟の妻は奇跡の爆乳!そんな妻とうまなみの兄の物語。きっかけは上の階から落ちて来たエロ下着だった。爆乳の弟嫁、巨根の義理兄二人は無言で見つめ合っていた。そして志保は自然に、無意識に義兄のモノを手で味わうようにゆっくりと撫ぜていた。我に返った志保は急いで自宅へと戻り、先ほどの夫とは比べ物にならないイチモツを思い出すと、感触を思い出すように自慰に耽っていた…。

女優:安西ひかり
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
田舎の義兄が集まりでやってくるらしい。義兄とはいい距離感で接してきていると思う。さっきまで出かけていた夫と義兄に夕食の準備をしていたひかりは、風呂上りの義兄の姿に驚愕してしまう。風呂上りの義兄はパンツ一丁。あからさまに大きい膨らみ。ひかりは二度見してしまった。決して夫との行為に満足していないわけではないが、夫と比べてあまりにも大きいアレに、瞬間心を奪われてしまった。食事中もつい目で追ってしまうひかりは、人知れずいやらしい妄想をしてしまうのだった…。
女優:真木今日子
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
仕事も家事もしっかりこなす今日子は、ストレスからなのかここ最近性欲が増していた。明日義兄が来るというので、その前にと夫を誘ったが、疲れていると拒否されてしまった。義兄は田舎で農業をしており、夫とは正反対の逞しい男。しかし今日子は所謂男臭い男性に対して嫌悪感を抱いていた。重そうな段ボールを抱え、相変わらず粗暴な義兄がドシドシとやってきた。むせ返る男臭さに今日子はイライラしたが、すかさず風呂を勧めた。風呂上がりのさっぱりとした義兄にやや落ち着いた今日子だが、視野の端っこに見える義兄の股間の膨らみに気がついた。昨日夫と致せなかった事もあり、義兄のその部分から目が離せないでいた。翌日、義兄がパンツ姿でいる所に遭遇した今日子は、再びの膨らみを目撃する。義兄のモノは大きいと確信した今日子は、カラダの奥から湧き上がる性欲をなんとか自制していたが、あのモノを確かめたくて仕方がなくなっていた。義兄の洗濯物を渡しに部屋に向かうと、気持ちよさそうに昼寝をしている。つい出来心でパンツを下ろし、義兄のモノを見てしまった今日子はもう自分を抑える事が出来なくなり、気が付くと義兄のモノを頬ずりしてしまっていた…。

女優:彩奈リナ(七原あかり)
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
仕事ができて、綺麗で凛々しい女上司彩奈リナさんと、地方出張。これだけでも嬉しい事なのですが、電車が止まり、仕方なく止まりになってしまいました。ビジホもカプセルホテルも無く、宿紹介所的な所でやっと見つかった宿はは温泉宿しかも1部屋敷かなく、仕方なく二人で宿泊となりました。食事絵を頂き、お酒も入り、お風呂に入りと、これはまるで旅行気分。再びお酒を酌み交わしていると、彩奈さんの眼差しが僕を誘っているように感じて、ゆっくり手を握り、カラダを近づけると、目をつむり唇を差し出すリナさん。僕は夢中で彼女のカラダを貪り、愛し合いました。憧れていた女性とこんな展開、しかも想像とは違い積極的に求めてきてくれるなんて、会社のみんな知らないんだろなぁ。
女優:加藤あやの
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
長期出張中のくせに、束縛の強い夫。最初は心配性だなと思っていた妻あやのだが、毎日TV電話で私の行動を聞きたがる夫に次第に嫌になってきた。そんなある日同級生で集まる会に参加したあやのは幼なじみの彼に再会した。飲みすぎた彼を介抱するべく自宅に招くが、そこで彼に襲われてしまう。まんざらでもなかったあやのは彼を受け入れ盛り上がったのだが、スマフォの通話がONになってしまい、最中の音声が夫に聞こえてしまっていたようだった。あやのがそれに気づいたのは数時間後。心配になったあやのは彼に連絡するが、彼から信じられない提案をされる。夫への愛情が無くなり掛けていたあやのは、彼の言葉を受け入れた。彼からの提案とはTV電話を切ったふりをして、性行為を夫に見せつけるという事だったのである。

女優:枢木みかん
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
夫は優しくて大好きなのだが、アレが小さく弱い為、行為に満足できていない妻みかん。ある日、夫の兄、義兄が試合の為、自宅に宿泊するという。突然の事に慌てるみかんだが、久々の再会を喜んだ。義兄を迎え入れると、義兄は準備をするといって部屋に向かった。みかんが義兄の部屋へと入ると、短パンTシャツの義兄がなにやら行っていた。イメトレらしく、さすがプロと思うみかんだったが、あるモノに気がつく。短パンから激しく自己主張しているアレ。みかんは自分の目を疑った。夫のモノに満足していないみかんは、アレにアレされたらとドキドキしながら凝視してしまう。みんなが寝静まった夜、昼間みたアレを確認する為こっそりと義兄の部屋を訪れたみかんは、義兄の布団を捲った。最初は見るだけと思っていたが、触れたくなり、触りたくなり、目の前で大きくなっていくアレに興奮し遂にはベロレロとしゃぶってしまうのであった…。
女優:天野美優
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
風光明媚な田舎町へロケにやってきた美優一行。所謂、旅番組、温泉旅館を紹介する番組。美優はプロヂューサー(P)、ディレクター(D)と打ち合わせしつつ、リポートしてゆく。街並みを撮し、地元の名物を紹介する美優、カメラは美優の尻を舐めるように撮してゆく。何やらおかしいと思いながらも、表情には出せない美優。カメラマンに冗談めかして注意するが、逆にディレクターから叱責をうける美優。しかもセクハラ紛いの行為を受けるがPとDにはみな逆らえず黙っているしかない状況。今回お目当ての温泉旅館へと到着し、旅館の方のインタビューを行う、カメラマンのセクハラアングル過剰になってゆく。温泉へと向かう美優。着替えを撮影しようとするカメラマン。一悶着あったが温泉をリポートする美優。そこへ今回のスポンサーである男が現れた。スポンサーから再度費用を引き出したいDはなんと美優に枕接待を強要し…。

女優:井上真帆
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
貴方がシテくれないから、私がシたいようにしているだけ。私の乱れた姿見たでしょう?お願い、貴方、別れて…。
女優:清城ゆき
メーカー:タカラ映像
レーベル:第一放送
ゆきは、夫との性行為に満足できていなかった。淡白な上、サイズが物足りないからだ。しかし夫を愛しているので、我慢していた。そんな時、珍しい果物を探し輸入する仕事をしている義兄が帰国する事になり、自宅に招待した。久々にあった義兄は以前の面影がないほど変貌しており、それは、果実のせいだという。お茶を用意するため席を外したゆきは、久々の再会で盛り上がる兄弟の話を壁越しに聞いた。どうやら、義兄の風貌を変えた果実は股間にダイレクトに効くらしく、粗チン家系だが、大きく逞しくうまなみになったとの事だった。ゆきは衝撃を受けた。うまなみのチ○ポが頭の中を駆け巡る。もううまなみのチ○ポの事しか考えられなくなったゆきは、義兄の就寝中を襲った。目の前に飛び込んできた夫と違うBIGサイズ。つい頬ずりしてしまうゆき、そっとパンツをおろし、うっとりと口づけする、口に入らないほど大きく勃起したチ○ポ、ゆきはもう既にイッてしまいそうなほど興奮してしまっていた。


0
ログイン

メールアドレス


パスワード



▼パスワードをお忘れの方